無限に続く階段はいずこへ…。知られざるエスカレーターの裏側を大公開!

f:id:manekore:20190821160100j:plain

現代社会の生活には欠かせないエスカレーター。

地下鉄のホームから地上の改札階に向かうエスカレーターが工事中だった日には、絶望に震える方も多いのではないでしょうか。

 

そんなエスカレーターですが、どうやって階段を無限に出し続けているか知っていますか?

降り場から吸い込まれていった階段が、裏側を通って乗り場に戻るとは思うけど…。

一体どうやって…。

 

今回は分かりやすい動画も交えて解説していきます。

 

 

エスカレーターの歴史

エスカレーターについて真面目に考える機会は日常そうないと思います。

せっかくなので歴史について簡単に学んでおきましょう。

 

1892年、ジョージ・H・ウイラーが動力で動くハンドレール(移動手すり)を考え出し、また同じ年にジェン・W・レノが「傾斜形エスカレーター」の特許を取得しています。

しかし、これらのエスカレーターは安全とは言い難く、現在の原型とも言える、ステップ状のものが付いたエスカレーターが誕生したのは 1900年のことでした。

一般社団法人 日本エレベーター協会|昇降機百科|エスカレーターの歴史

 

つまり、傾斜を利用した動く歩道として考案されたものが、後に階段型になっていったのですね。

 

その後、日本では1914年に東京日本橋の三越でデビューしました。

当時は都心の家庭にやっと電気が普及したころ。

全自動の動く階段は相当な話題を呼んだものと思われます。

f:id:manekore:20190821161907g:plain

出典:一般社団法人日本エスカレーター協会

 

大人気のゴムゴム海賊漫画で、自動に見える動く歩道は、実は地面の下で奴隷たちが動かしていたという描写がありましたね。

ローマあたりで本当にあり、実はそれがエスカレーターの発祥なのでは、と思い調べてみましたが見つかりませんでした。

そこまでひどいことを考える人はいなかったようです。

 

ちなみに、子供がエスカレーターと間違いがちなエレベーターですが、こちらの登場ははるかに古く、紀元前にあの有名なアルキメデスが初めて考案したと記録されています。

 

エスカレーターの裏側がこちら

それではさっそくエスカレーターの構造を見てみましょう。

f:id:manekore:20190821160827g:plain

f:id:manekore:20190821160853g:plain

出典:一般社団法人日本エレベーター協会

 

階段型だと思っていたステップは、実は中が空洞でした。

直角に折れ曲がった板が連なって、くるくると回転していたのですね。

 

動画でエスカレーターの裏側を見てみよう

正直画像だといまいちピンとこない方も多かったかもしれません。

分かりやすい資料を探していたところ、なんとレゴブロックでエスカレーターを精巧に再現されている方がいらっしゃいました。

しかも動いている様子を動画で公開されていたので、紹介します。

youtu.be

画像だけでは裏側でどうなっているのかわかりませんでしたが、ステップの形はそのままです。

L字型の板が回っている様子がよくわかると思います。

 

念のため本物の透明なエスカレーターでも確認してみましょう。

youtu.be

やはりL字型の板が裏側を通って帰って来ています。

 

おわりに

エスカレーターのステップは実は空洞でした。

L字型の板をベルトコンベアのようにくるくると回すことで、吸い込まれていったステップが乗り場に帰って来ています。

今度エスカレーターに乗ったときは、足元に逆走するステップを思い浮かべ、人類の叡智に思いを馳せるのもよいかもしれません。